ブライダル司会&プロデュース 佐倉摩耶のWebサイトです。

Copyright(C) 2005 Core Partner,all rights reserved.
TOP | 最新情報 | プロフィール | プライス&プロデュース | ブライダルダイアリー | レッスン | アクセス

 佐倉 摩耶 ブライダル司会に対する思い

株式会社 コア パートナー
代表取締役 佐倉 摩耶
司会者のイメージってなんですか?

テレビの世界を考えてみて下さい。番組を作る上でもっとも大切なのは司会者です。
その司会者のキャラクターやしゃべり方、雰囲気そのすべてがひとつの番組を長寿番組にしたり、はたまたすぐに終了になってしまったりするものなのです。

披露宴の主役は新郎新婦お二人ですので、司会者の個性が強すぎるのも考え物です。しかし、弱すぎたら、まったく二人らしさを表現できません。

披露宴当日はお二人もゲストもはじめはとても緊張しています。その中で、二人の人柄や雰囲気を120%引き出して、ゲストにつたえ、二人にとってもゲストにとっても素晴らしい思い出となるように司会をする事が大切ではないでしょうか?

その為に必要なことは、「お二人の事を知ること」だと思います。
打合せの中で、二人らしさって何だろうと探って行く時間が必要なのです。


あなたのお付き合いをされている方を、「第一印象から決めました。」と言う方もいると思います。もちろん第一印象も大切です。しかし、その方と付き合っていく内に、はじめて会ったときとは違った新しい発見をしていくものではないでしょうか?結婚を決意されたのも、第一印象だけではもちろんなく、お互いを理解しあったからでないですか?
どんな方でも、はじめてあっただけでは人は分からないものです。理解するまでには時間がかかりますよね! ということは、一度会っただけでは司会者も二人の事はよく分からないものなのです。(はじめて会う時って自分らしさをだすのって難しいですよね。)

もちろんその中でも司会をする事もできます。現にホテルやレストランでの提携の司会者の場合は一度の打合せで行っていますので・・ということは、無難なコメントで間違いなく行うことが大切になってきます。結婚式の司会者ってみんな同じ!と感じるのはこのためです。

何度か会うたびに司会者と二人との間の溝が埋まってきて、二人の事がたくさんみえてきます。それは、お二人も司会者を理解してくると言うこと。
二人の事はもちろん、披露宴に対する二人のイメージをしっかりと把握できることによって、披露宴当日に実は進行にほとんど関わる事ができない新郎新婦に変わって会場で二人の披露宴に対する思いや、どのようにして欲しいかを的確に会場の担当者に伝えることが出来るようになるのです。もし二人のイメージと違うようになりそうでたら、司会者がそれは二人のイメージではありませんので、とはっきりといえるのです。

「披露宴の成功は、打合せ段階で80%が決まる」

こんな言葉があります。このような理由から上記の言葉は生まれました。 打合せが80%出来ていたとしたら、当日はその半分40%位の完成度になります。打合せが100%でも50%の完成度です。と言うことは打合せの段階で120%いやいや150%いやいやもっと200%の打合せではじめて満足のいく披露宴になるのです。

株式会社コアパートナー
佐倉 摩耶 −Bridal Core−

お問い合せ maya3@gamma.ocn.ne.jp