ブライダル司会&プロデュース 佐倉摩耶のWebサイトです。

Copyright(C) 2005 Core Partner,all rights reserved.
TOP | 最新情報 | プロフィール | プライス&プロデュース | ブライダルダイアリー | レッスン | アクセス


ブライダル日記
2005年春に結婚式を迎えた太田さんのブライダル日記をご紹介致します。
結婚を決めてから、結婚式を迎えるまでの様々な問題にぶつかっていく様子、等身大の太田さんの心の動き、頷くところもたくさんあるはず。結婚式当日の様子は、フォトシネマでお楽しみ頂けます。

1. 結婚が決まった 2.彼の両親に会いに行く 3.会場選び 4.ドレス&宝石選び
5.司会者との初打ち合わせ 6.新居選び 招待状作成 7.メイクリハーサル 8.席次表&ビデオ制作
9.テーブルコーディネート&
 BGM選び
10.人前式リハーサル 11.会場への搬入と会場のキャプテンとの
  最終の打合せ
12.結婚式&披露宴当日
当日の様子は、フォトシネマでお楽しみ下さい。

◆ 新居選び 招待状作成 ◆

結婚式の準備と同時に新生活の準備をしなければならないので、やらなくてはならないことが目白押しです。
その一つは、新居選び。

新生活には夢が膨らみますね。
しかし、現実は甘くないのです。夢見る夢男&夢子になっていた私達は、新居は二子玉川辺りで新築で駅から徒歩5分くらい。
部屋は2LDKくらいで、ベランダとかも広くて、そうそう駐車場が無いと駄目だね。
などなど。夢に夢を見ておりました。

そんな私を両親が見て、そんな浮ついた気分で結婚生活ができるのか。と厳しい御指摘が・・・まさにその通りです。でもね・・・夢も見たかったのです。


・・・結果・・・・
これからの事も考えて、堅実に彼の会社の社宅に決定。
駅からはそんなに遠くないし、結構キレイだし、駐車場も近所に借りられたし。とまずまずとなりました。
「ここでお金を貯めましょう。。。」と二人で納得。
 
そして、引越しは、またまた私の仕事が暇になる年末に。まずは彼が一足先に引越しをしました。
もともと一人暮らしだったので、新生活で使えるものがたくさんある?と思いきや、冷蔵庫や洗濯機はすべて一人暮らし用の小さなもの。
結局、新生活グッズと呼ばれる、冷蔵庫&洗濯機&ソファー&ダイニングテーブルなどなどを購入。
お金はいくらあっても足りません状態です(うーー。)



それと同時に佐倉さんとの約束の招待状のサンプルを作らねば。二人の新居ができたので、そこで二人でサンプル作りに励みます。
人が今まで見たことが無いような、招待状を作ろうともえていました。これがとても大変でした。
筆耕にもこだわりました。
デザインさかもと→
http://www.hi-ho.ne.jp/office-sakamoto/officesakamoto.htmlのデザイン文字を使用いたしました。

そして完成した招待状です。

トップへ


◆ 司会者との初打ち合わせ ◆


司会は佐倉さんにお願いしよう。というのは以前から決めていました。
実際佐倉さんと彼とは結婚が決まる前に私が紹介して、飲みに行ったこともあったのですが、司会者の佐倉さん彼が打合せをするのは今回が初めて。
 
<披露宴の半年前!!>
完成したエンゲージとマリッジリングを吉川さんのサロンからピックアップして喜びいっぱいの後でした。
吉川さんのサロンから白金台の佐倉さんの事務所までタクシーでワンメーター。そして、打合せがスタートしました。
出来立てのエンゲージとマリッジを佐倉さんに見せて、盛り上がります。

そして、本題。佐倉さんから「来て下さるゲストはブライダルコーディネーターの結婚式。どんなことをしてくれるのか楽しみにしているんじゃない?」
の問いに、まさにその通り。
友人からは「どんな感じでするの?楽しみーーー!!」と言われ、親戚からも、「どんな披露宴になるのかしら、出席するのがわくわくするわ。」などなど期待いっぱいの言葉をすでに受けていましたので、その期待は嬉しいけれど、実はプレッシャーも感じていました。


「みんなが感動して必ずよかったと言ってもらえる。奇をてらっていないけれど、おしゃな雰囲気で、そして誰もやったことがない演出をしよう!!」と話が進んで行きました。
まずはテーマをどうするか。
「春なので、桜?」「うーーん。普通。」
「じゃあ新緑?」「うーーん。普通。」
「じゃあ旅立ち?」「それいい感じ。でも旅立ちを何で表すの?」
というように意見が飛び交います。
 
・・・・結果・・・・
「旅立ち・出発」をテーマに!
「旅立ち」の中には両親からの旅立ち。これまでお世話になった方への感謝。
二人の独身からの旅立ち。などがあります。
そして私達二人の出発をお祝いいただくにふさわしい内容を考えていくことになりました。
 
佐倉さんと私は話が白熱したのですが、彼は全くついてこれていなかったのです。
というのも、結婚式のプロ同士の話に、友人の結婚式にも数回しか出席したことが無く、ましてや人前結婚式に出席したことが無い彼にとっては、訳の分からないことばかりだったのです。
そんな彼に、ごめんの気持ちも持ちながら、さらに話は細部にまで・・・となっていきました。


挙式ではブライズメイドとブライズアッシャーを立てて式を行おう。
ブライズメイドはおそろいのドレスとブーケを持ってもらう。
ブライズアッシャーには黒のタキシードにブートニアをつけて頂く。
人数は1人づつでは、迫力が無いので、3名づつ計6名にお願いする事。
そしてブライズメイド&アッシャーには事前のリハーサルへの出席をお願いする。
人前式でのゲストから二人への結婚の承認のしるしをどのようにするか。
それを、花びらでメリアのように出来ないか?
人前式での誓いの言葉をどうするか?
バルーンリリースにフラワーシャワー。シャンパンサーベルもやりたい。
でもそれってやること多すぎ??
などなど様々な話になりました。
 
そして披露宴の内容についても進行を佐倉さんと一緒に組み立てました。当日の内容が見えてきて、披露宴のイメージが徐々に決まってきましました。


次は、実際に準備の段階の話に。招待状をどのように作るかを考えます。
佐倉さんのところにある、先輩カップルのサンプルを見ながら検討。
そして、なんとかイメージを作りました。
しかし、この段階で結婚式に出席くださるゲストのリストアップが出来ていないことに、佐倉さんから、「準備が遅い!!」と指摘を頂き、翌月中旬までにリストアップを必ずして、サンプルの招待状の作成をするよう宿題を頂きました。
 
気がついたら、約4時間の打合せとなっていて、すっかり彼はふらふらでしたが、一生懸命がんばらないと・・・と気持ちを持ってくれたようです

トップへ


◆ ドレス&宝石選び ◆


披露宴の準備で女性にとって一番の楽しみはこの二つではないでしょうか?もちろん私も楽しみでした。

なんとドレスは会場が決まる前からお願いしていたのです。ドレスはジャストサイズが一番大切ということはよく分かっておりますので、もちろんオーダーにしました。

しかし、はじめからオーダーのお店に足を運んでしまってはどんなドレスが似合うのか全く分からず、迷ってしまうので、じめに何着かレンタルのドレスショップで試着をしました。(写真が撮れることが大切)
写真を客観的に見ながら一番似合う形を導き出します。 


そしてそれが決まると、オーダーのドレスシップ「FMN」へ!
佐倉さんからも「ゲストは新婦のドレス姿を楽しみにしているからとにかくお色直しやイメージチェンジをして。。。」と言われていたので、ドレスは3WAYにしましょうと、デザイナーとも相談。

白ドレスですが、完璧なイメージチェンジが出来るようにデザインしました。
何度も足を運んでシーチング・仮縫いなど進め微調整を繰り返します。


そしてもう一つの楽しみはエンゲージ&マリッジリングの宝石選び!
ここで、頼りになったのは佐倉さんの人脈です。
今回の挙式・披露宴では、会場選びの段階からお世話になっていました。最終的に会場を決定する際、佐倉さんからも会場へ一声かけていただきました。

また、この宝石選びでは、25ansなどでも大変有名なセレブ。吉川さんを紹介いただき、お願いすることになりました。(最近ではよくTVにも出ていらっしゃいますね。)吉川さんのHP→
http://www.la-aube-shop.com/
佐倉さんの紹介という事で、最高にいいダイヤの原石を準備して下さり予算内で仕上げて頂くことが出来ました。
紹介の力っていうのはとても大きいですね!!


通常、宝石を買いにお店に行くと、すでに完成されたもの選ぶのですが、こちらでは、予算内で数種類ものダイヤを準備して下さいます。
その中で一番肌になじむダイヤ、なんとなくひかれるダイヤを実際手にのせて選びます。
そして、ダイヤを決めると、そのダイヤが一番キレイに見えるようデザイン画をおこし、制作が始まります。完成まで約1ヶ月。どきどきわくわくしながらその時を待つ。一番楽しい期間ですね。
 
結婚が近づいてきたと実感できる瞬間。しかし結婚式までの道のりは、まさに山有り谷有りでした。。


トップへ

株式会社コアパートナー
佐倉 摩耶 −Bridal Core−

お問い合せ maya3@gamma.ocn.ne.jp