ブライダル司会&プロデュース 佐倉摩耶のWebサイトです。

Copyright(C) 2005 Core Partner,all rights reserved.
TOP | 最新情報 | プロフィール | プライス&プロデュース | ブライダルダイアリー | レッスン | アクセス

プロの結婚式
2004年、ブライダルのプロ達が結婚式をしました。プロならではの苦悩やこだわりを感じて頂けると思います。アドバイスもたくさん含まれていますので、ぜひご覧下さい。
ブライダル司会者 鷲頭美子さん 結婚式準備編
結婚式当日編

ブライダルコーディネーターまなみさん 結婚式 準備編
結婚式 準備&当日編
結婚式 2次会編

ドレスコーディネーターみほさん 結婚式ドレス選び編
結婚式新しい披露宴の形編

ブライダル司会者の結婚式 準備編
お待たせ致しました。いよいよみほさんの写真が登場致しますよ〜様々にイメージを変えながら、新しい披露宴の形である2部式Wedding Partyを作り上げていきます。写真もたくさん出てきますので、ゆっくりとご覧下さい。


コーディネーターゆえの披露宴準備の苦労

ブライダルコーディネーターだったみほさんは、ペーパーアイテムなどはすべて手作りと忙しい中を準備に励みました。お花もすべて自分の知り合いのお花やさんと話し合って進めていきました。

なぜペーパーアイテムを手作りに?
招待状は以前も紹介させて頂きましたが、手作りよりも会場でお願いしたほうが安かった!!という話もよく聞きますが、なぜ手作りにしたのか・・
これにはびっくりのエピソードが。

みほさん:コーディネーターはどの招待状がいくらで、どれがいくらとすべて金額が分かります。招待する方には同業者の方も多く、その金額が分かってしまうのです。少し安めにしたら「安くあげたね。」高いものにしたら「気合はいってるね。」と、どちらにしてもコーディネーターならではのコメントが招待状を受け取った方々から出てしまいます。

ということは、手作りしか、金額が分からなくならない。。。
これって大変ですよね。知っていれば知っているだけの苦労があったのです。

親族と友人を分けての2部制を検討
コーディネーターをしているときから、これは考えていたそうです。
親族と友人とは全く年齢やキャラクターが違う。それを同じ時間に同じ会場で同じ食事で全員に楽しんで頂く事の難しさを感じていたのです。さすが、コーディネーターならではの発想ですね。

実は、同じ事を佐倉も感じていました。親族を主に考えると今風に出来ない・・・。
友人や会社を主にすれば、親族は盛り上がらない・・・。
それをどちらも盛り上がるように進行を組む事が披露宴では大切なのですが、なかなか思い通りにならず、悩む新郎新婦を何人も見てきました。

みほさんは思い切って、年配も多い親族はゆっくりと和の雰囲気の中での披露宴。
会場を変えて、会社関係&友人は会費制のパーティーを行いました。
佐倉も全く同意見でしたので、大賛成!これは新しい披露宴の形かもしれないと、感じた瞬間でした。


ドレス選びのポイント


時期はブライダルがオフシーズンの8月を選んだのです。
※これはコーディネーターの方が多いのでこの時期になってしまいました。

挙 式

挙式会場へは友人も参加して下さって、大変和やかな雰囲気の中、進んでいきました。

挙式でのみほさんは、クラウンにベールとオーソドックスな花嫁姿で・・・。
スカートは2重になっていまして、挙式の際はシンプルに清楚なシルクのみで過ごしました。

その後ホテルの宴会場というよりも、スィートルームのイメージのお部屋で親族の披露宴。
みほさんの弟さんの披露宴を佐倉が担当したこともあり、はじまりは、その弟さんから佐倉の紹介があり、スタート致しました。
オーバルのテーブルに20名全員が座るタイプの晩餐会スタイル。

新郎新婦入場後、ウエルカムスピーチ&紹介、そして乾杯と進みます。親族の披露宴という事で、乾杯の発声も新郎のお父様より。

食事がはじまると、やはじめは親族が固くなっていました。状況を見て少しインタビューを入れてと、美穂さんと佐倉でお互いに目配せ!!

挙式の感想などをインタビューで入れていくと、すぐにリラックスムードに・・・
このようは状況を読む力が司会やコーディネーターには必要なのです。みほさんと佐倉、最強コンビですね〜

少し会食を楽しんでから、いったん中座します。
イメージチェンジで髪型をアップからダウンに、スカートの上にグリッターのついたスカートをつけてグローブも短く、胸のコサージュもはずしました。
そして再入場は、姪の呼びかけで二人が入場。
とてもかわいい子供の声と、それを喜ぶ親族一同の笑顔!!
これぞアットホーム。です。

その後は、おば様の余興を頂いたり、これは親族が大盛り上がり。
そして、親族紹介を兼ねながら、二人で皆様の席を回りながらプレゼントを渡して、そこでインタビューを入れたりと、二人との触れ合い&楽しいコメントととても和やかな雰囲気の中を進みます。

親族は披露宴ではなかなか二人と写真を撮ることができませんが、ここでは親族のみですので、気兼ねなく写真タイムをとることができました。

大満足の中進んだ披露宴。結びは両親への記念品の贈呈とお父様の挨拶で締めくくりました。


披露宴後は二人は部屋へ戻って夜のパーティーに備えます。

会費制の夜のパーティー

友人との披露パーティーの開場選びは・・・もちろん持ち込み可能であるかどうか。
@花 Aドレス B司会 C引き出物
と確認して、OKの会場を選びます。

会費制のその会費の決め方は、引き出物と料理の料金のみで決めたとの事。
よく披露宴の費用すべてを会費でという方もいらっしゃるようですが、料理と引き出物が、やはり思い出に残るものという事で、ここはバッチリ行っておきましょう。

こちらのパーティーは会社関係&友人のみですので、ある意味自由に考えて進めていきました。
ウエルカムドリンクには、星の形のフルーツを入れたカクテルでお迎え。
パーティのはじまりは、新婦父の挨拶でスタート。
その後友人のハンドベルのファンファーレで会場が暗転。新郎新婦の入場!!と一つとってもオリジナルあふれるパーティーのスタート。
その後二人の紹介を行って二人からウエルカムスピーチと皆様への誓いの言葉を披露。挙式で交換した指輪を披露しました。
少しセレモニックな雰囲気で進みます。
そして乾杯の準備はテーブルの代表者にシャンパンのサービスを行って頂きました。そして、準備が完了したら、佐倉の発声でスパークバルーンで乾杯。
お食事がスタート。スピーチなどももちろんもらいながら進んでいきます。
↑夜に行われたパーティーでは、ドレスの胸の部分のレースと同じものを頭に巻き、登場しました。

お色直しは、ゲストもビックリのフラッパーヘアに
お色直し後は会場を移して、全員に花道を作って頂き、シャボン玉シャワーの中を二人が入場。
みほさんは、大胆にもフラッパーヘアにし、挙式と同じクラウンとショートベールで登場しました。

ケーキ入刀&サーブ。ケーキ入刀後には、ベールをとって、本当に和気あいあいの雰囲気が写真から感じられますね。
お見送りの際は、新郎の実家のりんごジュースと引き出物を手渡ししながら盛り上がったムードの中、パーティーはめでたくお開きとなりました。

コーディネーターとして美穂さんからアドバイス
みほさん:「お任せ」や「こんな感じ。」はとても危険です。コーディネーターとの感覚の違いがあることを必ず覚えておいて欲しいですね。
同じくらいの年齢だから、同じ感覚のはずは、ありえません。キチンと具体的にお願いする事が、イメージどおりの披露宴を行う秘訣です。

確かにそうですね、こんなはずではなかった、と後悔しないためにも、イメージを写真や言葉で伝えることが大切です。伝えてくれた方が、コーディネーターも助かりますね・・・。


佐倉からもアドバイス
※美穂さんは自分がコーディネーターでその仕事の大変さを痛感していた事もあって、あまり友人にお願いしなかったのですが、全てを2人でやるのはとても大変です。
2人だけでやろうとしないで、できることは友人にお願いする事!
やはり披露宴当日は二人は自由に動けない!!という事をお忘れなく。。。。
 
ドレスコーディネーターみほさんの結婚式、最後まで読んで頂きありがとうございました。ゲスト全員が満足し、みほさんご本人も何度もイメージチェンジすることで楽しむ事が出来た、新しい形の披露宴でしたね。

もっとも、これはオーダードレスだから出来たことでもあるのです。ドレスのオーダーは、
ドレスショップ「トゥー・レ・ドゥー」さんにご相談下さいね!

株式会社コアパートナー
佐倉 摩耶 −Bridal Core−
お問い合せ maya3@gamma.ocn.ne.jp