ブライダル司会&プロデュース 佐倉摩耶のWebサイトです。

Copyright(C) 2005 Core Partner,all rights reserved.
TOP | 最新情報 | プロフィール | プライス&プロデュース | ブライダルダイアリー | レッスン | アクセス

プロの結婚式
2004年、ブライダルのプロ達が結婚式をしました。プロならではの苦悩やこだわりを感じて頂けると思います。アドバイスもたくさん含まれていますので、ぜひご覧下さい。
ブライダル司会者 鷲頭美子さん 結婚式準備編
結婚式当日編

ブライダルコーディネーターまなみさん 結婚式 準備編
結婚式 準備&当日編
結婚式 2次会編

ドレスコーディネーターみほさん 結婚式ドレス選び編
結婚式新しい披露宴の形編

ブライダル司会者の結婚式 準備編

司会者(佐倉)との打合せ

司会者(佐倉)との披露宴の打合せは会場との契約が決まってすぐに・・

♪ここでポイント♪
司会者との第一回目の打合せは、なるべく早く行い、自分達のイメージや意見を伝え、プロとしてのアドバイスをもらうことが重要です。
美子さん達は、2人の合い言葉のようになっていた「エレガント、且つお洒落に」を佐倉にしっかりと伝えました。

写真のウェルカムボードは、結婚式に列席できない祖母の家の近くの河原で彼と2人で石を拾い、白くペイントして、貼り付けました。
中の文字は、カリグラフィのフォントをネットでダウンロードして、紙に印刷したものです。
新郎新婦との顔あわせと言うことで1回目の打合せ。
まずは式について・・・二人の入籍が2003年7月7日だったこともあり、すでに入籍済み。なのに「式」というのも変??という観点から、「結婚報告式」という形が出来たらと言うことで進みました。

区役所で発行してくださる婚姻届受理証明書を列席の代表の方から渡して頂き、すでに入籍をして新生活を送っていると言うことを皆様の前で宣言をする形に決定。
プロデューススケジュールはこちらから

美子さん:キリスト教では歌を全員で歌ったり、神前式では全員がお酒を交わしたりしますが、人前式には、参加意識が少ないというイメージがあるなあと以前から気になっていたんです。ぜひ列席の方にも参加しているという気持ちになってもらいたくて、列席者1人1人の名前が入ったリボンを用意し、証明書の周りに結んで頂きました。

このリボン、なんと、アルファベットのスタンプを使い、一本ずつ列席者の名前を押して作った物なのです!!
手間はかかりましたが、お客様の名前を確認しながら作る作業は、とても感動したのではないでしょうか?

当日のお客様がリボンに自分の名前が入っていることに気づき、「どうやって作ったの?」とか「大変だったでしょ?」と声をかけてくれたのがとても嬉しかったそうですよ。
本当に心がこもっていますよね〜。スタンプの色は、もちろんサムシングブルー・・・・・

その後、佐倉との打合せは3回!!!
じっくりと打合せをかさね、当日にそなえる佐倉ならではです。結婚式の成功は、打合せで80%決まる!が佐倉のモットーです。

ポージングレッスンを受けました。

美子さん:新郎新婦を隣で見守る私の仕事では、姿勢の大切さや、身のこなしの美しさが重要であるとよく分かっていました。そしてさらに大切なのは、人前式。神父様のいない人前式では、2人への注目度もより高まります。人前式でも動きのリハーサルも兼ねて、ポージングレッスンは彼と2人で受けました。

♪ここでポイント♪
普通の結婚式では、式の直前にリハーサルを行います。しかし当日は、慣れないドレスと靴、普段とは全く違う動き、緊張、そして時間に追われている状態。これでは美しい動きなど出来るわけありません。
不自然な動きやポーズで、ビデオや写真に残らない為にも
ポージングレッスンは必ず受けることをお勧めします。

ミュージック編集

音楽は、自分のどうしても使いたかった曲がありました。
●映画のサントラより「花嫁のパパ」

●東儀秀樹の「THERE MUST BE AN ANGEL」
「LOVELY」など
その他は、音大出身でもある佐倉にお任せ。。。

♪ここがポイント♪
お2人の希望する「エレガント、且つお洒落」なイメージで、佐倉が数万曲のライブラリーから選曲し、提案用のMDを作成し、お2人に渡します。その中から美子さん達がイメージに合った曲選び、最終的に決定した音楽は、すべて当日流すばかりの状態に編集を加えて作成します。
式の後は、もちろんCDをプレゼント、好きな曲ばかりを編集してあるため、いつ聞いても飽きませんし、いい思い出になるんですよ。
自分で編集すると、まずはCDを選んで借りてくるところから始まりますので、本当に大変ですよね。このサービスは他のお客様にも大好評です。

ラストスパート!


美子さん:披露宴の1週間前から毎日がラストスパートでした。私は司会者として、お客様である新郎新婦に、「1週間前にはすべて終了して気持ちの余裕を持って行きましょうね!」と話していたにも関わらず、やはり自分の時も、皆さんと一緒です。。。前日まで大変でした。
ということで一言、「準備は早めに」です。


早めの準備にお勧めがもう一つ、エステです。是非美しい花嫁になるために、そして心の余裕を持つためにもエステで磨いて下さいね。美子さんお勧めのエステは、サンサクセス←HP Go!

■□結婚式当日□■

何とか準備が間に合い、当日を迎えました。
心配していたお天気にも恵まれ、秋晴れの爽やかな日になりました。

朝10:30の挙式の為に、朝6:00からヘアメイクスタート。
事前のリハーサルで確認済みですので、大変和やかな雰囲気で進みます。
ハプニング

ヘアメイクのところから撮影を依頼していたカメラマンが、「あれ??来ない・・・」

そう、頼んでおいた美子さん知り合いのカメラマンが、なかなか姿を見せないのです。2日前に最終の確認の電話もし、ファックスで進行表を送っていたのに・・・どうしよう・・何度電話を入れても全く連絡がつきません。

本当にどうしよう。泣きたくなりました。。。
注)美子さんが頼んだカメラマンは、美子さんの知り合いの方です。佐倉お勧めのカメラマンではありません。

結果。カメラマンが来ないという最悪の事態に。

美子さん:本当に悲しくなりましたが、カメラマンが来ないという事は「自分達の問題で、ゲストには全く関係のないこと」と、気持ちを入れ替え、すぐにQ.E.Dクラブにて専属のカメラマンを手配してもらいました。その後、カメラマンと連絡がとれたのは披露宴も終わって2次会へむかう途中でした。この先は思い出したくないのでカット。。。

さすが、結婚式の場数を踏んでいる美子さん、普通でしたらパニックに陥るようなハプニングにも落ち着いて判断し、そんな表情を出すことも一切ありませんでした。
しかし控え室では、カメラマンが来ないことを大変気にしていたそうです。


そしてもう一つハプニング

美子さん:ブーケがない!!!

なんと、ブーケを届けてもらう時間を間違って伝えていたのです。バカバカ〜(今となっては笑)

記念撮影の時に左の写真のブーケを使いたかったのですが、私のミスで、挙式時に使うプリザーブドフラワーのブーケで記念撮影をしました。↓
ちょっと残念だったけれど、これは自分の責任でしたので…


確認は大切です。

ヘアメイク終了→写真撮影→集合写真→人前式リハーサルとあっという間に時間が過ぎていきます。(本当にあっと言う間でした。)

■□挙式スタート□■

列席者が式場であるお庭へ移動する時、ピアノと2人のシンガーの生演奏でゲストを迎えました。
やはり始めの印象が大切!生演奏でクラシックの歌が入っているだけでフォーマルな印象になりますね。まさに、エレガント、且つお洒落な演出ではないでしょうか!

■司会より人前式の案内があり、かわいいフラワーガールがブーケブートニア交換用の花をゲストに配ります。

花は結婚式後も、家に飾ることが出来るようにと、永遠の花、プリザーブドフラワーを使いました。

■新郎、花を集めながら入場

■新婦入場(お父様のエスコートにて)
ブーケブートニアの交換
■新郎新婦紹介
■婚姻届受理証明書授与
■指輪の交換

佐倉のポージングレッスンにて学んだ指輪交換後の披露シーンです。指輪を交換する時から、普通のやり方とは全く違い、その美しい動きに思わず見とれてしまう程です。

お互いに、手に手を取り合ってこれから生きていくんだなあと、美子さん達も大変感激されたそうです。

そして披露時には、エレガント、且つお洒落なポーズでお客様にご覧頂きます。
■ベールアップ〜誓いのキス
■結婚宣言
■お祝いの言葉(佐倉より)
■退場(フラワーシャワーにて)

■□披露宴スタート□■

挙式後、ゲストはメインダイニングに移動し、新郎新婦入場までの時間、2人の思い出のスライドを見て頂き、お客様に「待っている」という印象を与えないような演出を考えました。

美子さん:通常、挙式と披露宴の間は結構時間がありますよね。この「間」がいつも気になっていたんです。

上映後、キャンドルセレモニー(新郎新婦入場前に、会場のスタッフにより各テーブルへキャンドルを配って頂きました)
キャンドルの光に包まれて、新郎新婦入場となりました。

中座中も、ゲストを飽きさせないように「ドレスの色あてクイズ」ではなく、「再入場曲あてクイズ」をしました。

■□再入場□■

ゲストはお庭へ移動し、新郎新婦再入場はらせん階段から・・・赤いドレスがお庭の緑に映え、ゲストからは感嘆の声が上がりました。

そのままケーキ入刀へ。いちごが敷き詰められたケーキにナイフを入れ、幸せいっぱいのお2人。


バルーンリリース
美子さん:司会の仕事で様々な演出を提案し、見てきましたが、このバルーンリリースは会場が外でなければ出来ない演出であり、また、近隣との兼ね合いにより、バルーンを飛ばせる会場が限られる為、可能ならば、絶対にやりたいと思っていました。

バルーンが青い空に飛んでいく様は、雄大で誰もが「ワーーー」と声上げる演出なのです。2人の幸せがずーっと続きますように・・・

これからご結婚される皆様へ、プロとしてのアドバイス

美子さん:披露宴は、新郎新婦が主役にもかかわらず、披露宴当日はゲストの応対や自分達の写真撮影、お色直しなどで、進行には全くと言っていいほど関与できません。
その新郎新婦に代わって、当日を取り仕切ってくれるのは、司会者と会場のスタッフということを改めて感じさせられました。
私は司会という仕事の更なる重要性を感じ、今後の新郎新婦へ、イメージをしっかりと分かってくれるそんな司会者に出会えるように願っています。また、そのような司会者になれるように、私もがんばっていきたいと思いました。

これから披露宴を迎える皆様!!準備は早めに。そして確認を完璧に。。(笑)ですよ。
ブライダル司会者美子さんの結婚式、2回に渡り読んで頂きありがとうございました。
次回は、3月25日UP予定、「気配りの達人、ブライダルコーディネーターの披露宴準備編」です。その気配りには驚かされるばかり・・・。ぜひぜひご覧下さいね。お楽しみ!

ご意見ご感想は、こちらまでお願いします。

株式会社コアパートナー
佐倉 摩耶 −Bridal Core−

お問い合せ maya3@gamma.ocn.ne.jp